キャッシング虹の架け橋

キャッシング虹の架け橋

現在のキャッシングサービスを見ると...

今や大人の10人に1人が利用していると言われるキャッシングサービス...しかも、そのうちの3〜4人は女性と言われているから驚きです。これこそまさに時代の流れというんんでしょうか・・・

 

消費者金融のキャッシングといえば、女性からしてみればあまりいいイメージがないのが一般的でしたが、今では女性専用のレディースキャッシングもあるくらいですからね。時代は変わりました。

 

その上、現在はWEB申込が主流となっていますからね。インターネット上ですべての手続きが完了するため、店頭に行かなくても自宅にいながらにしてキャッシングの申込みができるわけです。

 

また、借り入れ条件を見ても一昔前とは随分変わりました。サラリーマン金融、俗にいうサラ金と呼ばれていたように、キャッシングというのは基本的にサラリーマンが主体のサービスでした。

 

しかし現在は、大手消費者金融では職業形態は特に関係なし。定期的に安定した収入があれば、例えパート勤めの主婦や週末だけアルバイトをしているフリーターでも申し込み可能となっています。

 

キャッシングは計画的に利用しましょう!

 

以前に比べ簡単に利用できるようになったキャッシングですが、確かに急な出費や入用といった時にはかなり助かりますし、利用の仕方さえ間違わなければとても便利なサービスと言えます。

 

とはいえ、職業や収入などに関係なく、大袈裟に言ってしまえば誰でも簡単に借り入れすることができるようになったこともあってか、キャッシングで失敗したといった話しも多く聞くようになりました。

 

キャッシングは計画的に利用する上では便利なサービスですが、安易な借入れは後々返済に困ることにもなりかねません。

 

「ご利用は計画的に」とはよく言ったものです。確かに、きちんと返済計画を立てて無理なキャッシングはしない・・・

 

これさえ守って利用するなら、まず失敗することはありませんからね。キャッシングは計画的に利用するようにしましょう!

 

キャッシングの限度額について

 

300万円まで融資可能!、という広告を見て消費者金融にキャッシングの申し込みをしてみたが、50万円しか借りることができなかった・・・。あの300万円という広告は嘘だったのでしょうか?!

 

これには理由があって、もし仮にキャッシングを利用して300万円を一度に借り入れする事になると、貸金業法の総量規制により年収は少なく見積もっても900万円以上は必要となってきます。

 

一般のサラリーマンの年収は大体400万円前後と言われていますからね。最低でもその倍は必要だということになります。

 

つまり広告が嘘だという以前に法律上の問題のわけで、年収400万円で受けられる融資はどんなに多く見ても133万円までです。

 

どうしても利用上限額を増やしたいというのなら、それこそ仕事を頑張って年収を上げていくしか方法はないということです。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ